野菜を摂りたい

自分の趣味について書きます

昨日見た舞台『スーパーストライク』『関数ドミノ』

 

 

月刊「根本宗子」第14号『スーパーストライク』

2017年10月12日(木)~25日(水) 下北沢ザ・スズナリ

f:id:rrrrebjjmttp:20171015112509j:plain

 

5作品目の根本宗子。まず僕が思う根本宗子の劇の魅力は、必ずみんなどこかでこころを透かされたようなセリフがあることと、会話が飽きないことだと思う。今回もその2つが見事にあって本当に面白かった。

 

とにかく根本宗子の描く会話が好きで、何気ないんだけどいろんな要素が入っててんでかならず落ちる。今回は4人芝居で男1人、女3人で4人が同じ場所にそろって会話をする場面があるんだけど、1対1から2対1になって2対2になって3対1になる。不自然じゃなくて自然に会話の中心が人から人へ移る。この人のせいなのかなって思ってたらこっちがおかしかったのか、と。説明しずらいんだけどこれが面白いっす。

 

いつもの終わり方だったら誰かが刺されたり、死んで生き返ったり、超常現象が起きて歌って終わり、のようなものだったんだけど今回はスッと着地して終わった。それがすごい良かった。

 

はい、今オススメする一番の舞台です。演劇って「今」しかない、終わったら一気に過去作品になってしまうから。見るなら本当に今しかないんだ。

 

 

 

『関数ドミノ』

 2017年10月4日(水)~10月15日(日)本多劇場

f:id:rrrrebjjmttp:20171015124736j:plain

 

はじめて前川知大さんの作品を見ました。とっても興味深く面白かったです。

ネタバレになりますがすいません。

 

 

ドミノ現象:Aが起きればBが起き、Bが起こればCが起こる…といったようにある出来事が起これば、それに呼応して次々と連鎖反応が起こるという現象を指すもの

話の中心はこれです。ドミノと呼ばれる人は知らず知らずのうちに成功する。なぜかというとドミノという力を持っていてそれが倒れるように様々なことがいい方向に行く。ある人はそれを努力というが主人公・真壁(瀬戸康史)はドミノのせいだという。真壁がドミノを信じすぎていて狂っているのか、それともドミノは本当に存在するのか。という現実と妄想の針を通すような微妙なラインをついていてとても面白い。本当に実在しそうなことを取り扱っているからこそ万人に共通していて興味を惹かれる内容だった。

 

 

 

昨日見た2つの舞台はふたつとも真逆でとっても面白かった。ねもしゅーは安定の面白さ、前川さんのは新しい面白さだった。再来週にイキウメを当日券で行こうと思ってるので楽しみになりました。ただ一日に2本計4時間も舞台は見るものではありません笑めっちゃ疲れます。

 

p.s.六本木のジャンプ展にも行っていきました。2000円と割と高いと思ったんですが原画が飾ってあってキャプテン翼の翼君と日向君が一緒にヘディングしてるやつめっちゃよかった。これはお金払ってみる価値あります。

 

 

 

 

 

ココロノオト

 

買いました。有安杏果のソロアルバム『ココロノオト』の初回限定版Bです。Bの方にはこの中に入ってる曲のLIVEverがもう一つのCDとして付いてきます。

f:id:rrrrebjjmttp:20171011142048j:plain

 

やっとももかのソロ曲聞けてうれしい。1週間前くらいにYouTubeに上げられたトレーラー何度も再生しました。笑 去年のももかの初めてのソロコン横アリのvol.0には朝6時から並ぶというガチ勢。ただそれからvol.0.5や東名阪ツアーには都合が合わず行けずじまいどころか情報を得ることすらできませんでした。やっと来週の20日の武道館のLIVEには参戦します。めっちゃ楽しみです。学生祭りも行くので実質武道館2daysという。

 

アルバムの話に戻りますが、好きな曲はハムスター、TRAVEL  FANTASISTA。私は音楽的知識皆無なのでただの感想になりますが。ハムスターを聞くのは去年ぶりで音源を聞くとこんなにいろんな音が使われているのかと驚きました。TRAVEL  FANTASISTAはトレーラーのあの短い部分で好きになり全体を聞くとさらに好きになりました。

 

ももかの14歳の夢がCDを出していろんな人に届けたい、と。加えて横アリに1人で立つ。どんどん夢を叶えていく彼女は純粋に尊敬します。

 

あー来週が待ちきれません。まあその前にねもしゅーとゼミの発表あるので自分的イベント盛りだくさんの10月になりそうです。

Splatoon2のよいところ

 

Splatoon2、正直1に比べて2の盛り上がりはかけていると思う。そりゃあ最初の約2か月、インクアーマーとジェットパックで打開も抑えもできちゃうというのはつまらない。また1とは異なるシステムをいまだに受け入れきれていない。それでもなぜ私たちがやり続けるかというと愛着があるから。Splatoonが好きだからだ。

 

ただ昨日OPENRECで見た対抗戦の生放送を見て改めて面白いなと思った。今スプラプレイヤーの間では2のネガキャンが多いと感じる。(自分自身も含め)ここで敢えて2の良いところを挙げその中で自分の考えていることを書こうと思う。

 

マップ見やすい

1と比べてBボタンとXボタンの違い使い慣れないなと思っていたら意外と使いやすいしマップ上で味方と敵が交戦してどっちが勝っているかわかる。右上には相手の付けているギアが載っていてなにをつけているか一目でわかる。あと画面上部には味方と敵の持っている武器がわかる。これらの点はより良くなっているんではないかと思う。

 

スペシャルの重要性

無敵、復活時間がなくなったのでスペシャルをはくことが大切になってきた。アメフラシとボムラを合わせて使うと相手の前線は下がる。そうすると自分たちの動ける範囲が広がる。という前作より合わせて使うことの意味があると思う。

 

③ウデマエ上げやすい

将来的には8割がS+になるだかうんたらかんたら、と今作は一定の勝率を保っていればウデマエが上がりやすく、正直割と簡単にS+には行けると思う。ただそこからが長くてカンストと呼べるにはS+50まであのウデマエシステムで上がらなければいけなくてそれが辛い。実際私はS+3くらいでガチマッチを本気でやることを諦めかけている状況。ここは本気で改善してほしいと思っていて、ガチパワーというわかりにくい判定基準を出して自分が今どのくらいのレベルにあるのかが分かりづらい。ガチマッチの最初の左下に出るガチパワーはあくまでも8人の平均であって全員が同じレベルではないように感じる。前作は数字の上がり下がりがハッキリと見えそれがガチマッチをやるモチベーションに繋がっていた。マッチングとウデマエシステムはどうにかしてほしいと思う。

 

回復時間の長さ、足の取られ具合(実質安全靴廃止)

これは2の主な特徴であって1の個人の力に頼るというよりも2のチームプレーを象徴する仕様である。私はこれを2ヶ月くらいこれを受け入れきれなかった。足取られて動けなくて死ぬし回復してると思って撃ち合ったら2発で死ぬしやりづらくてたまらなかった。ただこれは私たちが順応して行かなければいけないと思う。この仕様は絶対変わらないと思うし、連携してねという製作者の意図ではないかと思う。これを良いところと割り切って、考えて動くことが肝要。

 

⑤サーモンラン

みなさんバイトしてるでしょうか。私は時間が合ったらしています。いわゆるゾンビモード的な。よく考えたらこれに時間かけすぎたんじゃないかと思うくらいよくできてる。潜ってても近くにいるプレイヤーに寄っていくしオオモノシャケには特徴があり、倒すにも協力プレイが必要な時もある。金シャケを運ぶか敵を倒すかなど考えることは沢山ある。ただ一つ言うならマンネリ化してきた感はある。2週間くらい前の武器が?の時のクマサンブラスターの爽快感は忘れられないので毎回出してほしいくらい。

 

以上5つ上げてみたんですが少し文句も入ってしまった。でもこれはやっぱりSplatoonが好きだからであってつまらなくなってほしくない。

10月中旬にアップデートが入るのでまたそれに期待していきたいと思う。

2017年見た舞台 これから見るオススメの舞台

私は東京に住む20歳大学生です。趣味は舞台見ること、ももクロなどなどです。

お金をいくら使っても20歳で舞台を見ていろんなことを感じるという経験が何かにつながると思って月3本~5本のペースで見ています。そして最近舞台を見ることにある程度余裕を持ってきたのでどこかで発信する場所が欲しいなと思い始めました。舞台以外にも興味を持っているものあるのでそのことについても書こうと思います。

同じような考え持ってる若い人いませんか笑

 

とりあえず今回は2017年1月1日から今まで見た舞台挙げていきたいと思います。

1月

ミュージカル『キャバレー』@EX THEATER ROPPONGI 

歌舞伎座『将軍江戸を去る』

『世界』@シアターコクーン

アマヤドリ『銀髪』@本多劇場

2月

劇団子供鉅人『マクベス』@本多劇場

『陥没』@シアターコクーン

『皆、シンデレラがやりたい』@本多劇場

3月

ロロ いつ高シリーズ『いちごオレ飲みながらあいつのうわさ話した』@こまばアゴラ劇場

ベッド&メイキングス第5回公演『あたらしいエクスプロージョン』@浅草九劇

『不信』@東京芸術劇場

アガリスクエンターテイメント第23回公演『時をかける稽古場2.0』@駅前劇場

ほりぶん『得て』@阿佐ヶ谷アルシェ

4月

ふじのくに⇔せかい演劇祭2017『MOON』@舞台芸術公園 野外劇場『有度』

ゆうめい『〆』@新宿眼科画廊 スペースO

5月

『新世界ロマンスオーケストラ』@グローブ座

『少女ミウ』@スズナ

シベリア少女鉄道vol.28『たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す』@赤坂RED/THEATER

6月

劇団鹿殺し『電車は血で走る』@本多劇場

フロム・ニューヨーク『そろそろセカンドバッグ』@下北沢OFF・OFFシアター

カムカムミニキーナ『狼狽』@東京芸術劇場

7月

キャラメルボックススロウハイツの神様』@サンシャイン劇場

『ベター・ハーフ』@本多劇場

ハイバイ『ハイバイ、もよおす」@KAAT

8月

『ヤングフランケンシュタイン』@国際フォーラム ホールC

『鳥の名前』@スズナ

日本総合悲劇協会vol.6『業音』@東京芸術劇場

9月

ロロ『BGM』@スズナ

gmN゜5『豪雪』@駅前劇場

『ワーニャ伯父さん』@新国立劇場 小劇場

コノエノ!と7%竹『スタディー・イン・ニュージーランド

TAIYO MAGICFILM『時分自間旅行』@赤坂RED/THEATER 

10月
月刊「根本宗子」『スーパーストライク』@スズナ
『関数ドミノ』@本多劇場

 

 

ここからはこれから見に行こうと思ってる、もうチケット買った舞台

 

 

ヨーロッパ企画『出てこようとするトロンプルイユ』@本多劇場

『パショナリーアパショナーリア』@シアター風姿花伝

庭劇団ぺニノ@KAAT

ロロ@シアターサンモール

イキウメ『散歩する侵略者』@シアタートラム

ナイロン100℃『ちょっと待ってください』@本多劇場

『流山ブルーバード』@本多劇場

 

これで以上です。適宜更新していこうと思います。

今日見た舞台

9/25 劇団コノエノ!と7%竹 第2回公演 『スタディー・イン・ニュージーランド』@シアター711

 

弟が夏休みに1か月ほどニュージーランドに留学したので私も!と思い見に行きました。あらすじには留学促進音楽劇と書いてあり、日替わりゲストやマジック監修など面白そうで私も留学したくなるのかなと思って行ったら、見る前と見た後で特に気持ちの変化はなかったです。主人公ユキ(木乃江祐希さん)がニュージーランドに1年留学してオークランド(すいません、あと3つほど都市を言ってたんだけど忘れました。)合わせて4つの都市の語学学校でいろいろなことが起こり話が進んでいく。

 

うん、端的に言うと好みではなかった。今日で千秋楽のgmN゜5『豪雪』と同じように脚本じゃなくて勢いとか人数の多さとか歌とかで押し切る感じ。両方とも面白い、笑える部分はもちろんあるんだけど、それがド下ネタだったりすると残念感がある。何を伝えたかったんだろうと自分なりに考えると、この世には自分と違う価値観を持った人がたくさんいるよ→身近にもそんな人がいるから世界にはもっとたくさんいる、という感じなのかなと思いました。

 

最近、自動車免許以外にも何か資格欲しいと思って日商簿記3級の勉強をし始めました。11月に試験があるっぽいのでそれまでには何とか形にしたいなと思います。

10月に見る舞台

①月刊「根本宗子」『スーパーストライク』

根本宗子は私が一番好きな劇作家で上京してきた去年の6月の   別冊「根本宗子」第5号『バー公演じゃないです』@劇場HOPE  から彼女が作演してるものは全て見てる。舞台を見たのがその時初めてで、なぜ行ったかというと観劇が好きな父親に連れていかれ本当に面白くてそこからハマった。あの女性4人芝居は忘れられない。あと2017年2月  『皆、シンデレラがやりたい』@本多劇場   も今年見た舞台の中で今のところ一番好きな作品である。大人計画、新感線と名だたる劇団からうまい女性の役者を呼び、最後の最後にどんでん返しといういつものねもしゅーっぷりが極まったとても面白いものだった。

前置きはこれくらいにして次の作品も期待している。なんか事前インタビュー見る感じTinderというアプリの話っぽい。Tinderというものは簡単に言ってしまえば出会い系アプリで男性は女性を、女性は男性をトップに出てくる写真で「NOPE」か「LIKE」にスワイプして男女両方「LIKE」になると「MATCH」してトークができるようになりそこからうんちゃらかんちゃらというもの。だから今回は田村健太郎を呼んだのかと、あとめちゃ美人なファーストサマーウイカを呼んだのかと合点した。田村健太郎は前回出演の   ハイバイ『ハイバイ、もよおす』  では主役級の活躍でとても面白かった。というかどこにでもいそうでいない普通のメガネかけた男性なんだけど惹かれる魅力がある、なんか言いがたいので気になった人は実際に見た方が早い。あと詳しくはないんだけどファーストサマーウイカは元BiSで現在BILLIE IDLE®︎というグループに属してる彼女は美人で歌が上手い。TIFの映像とか見たけどスカイステージで通りがかっているドルヲタ達に「そこのロリコンたち、ちょっと見にきて」みたいなこといっててカッコいいなと思った。

総じてベタ褒めなんだけど好きになった人はとことん好きな性なので許してほしい、というかとりあえず見てほしい。ただチケットは全部売れてるそうなので当券しかない状況だが。

 

まだ見る舞台あるけどまた次書きます。根本宗子好きがただただ意見言ってるものになってしまった。

 

最後に、私は私立恵比寿中学略してエビ中が好きなんだけどテレ東『下北沢バイハード』にエビ中最年長真山りかがなにかしらで出演するというので見た。出ないなーと思ってたら出ずに終わりエンドロールにドラマ中の歌真山りか、と書いてあってがっくりしたという感想。

 

読んだ本

今週のお題「読書の秋」

 

平野啓一郎「マチネの終わりに」読みました。9月結構本読んだんだけど(なんか読書って波ありません?読みたいときめっちゃ読むけど読まない時は本当に読まないみたいな)その中でも一番好きかもしれない本がこれ。

あらすじをざっくり言うと天才ギタリストの薪野と有名映画監督の娘の洋子の恋愛小説。ただの恋愛じゃなくて叶わない系の恋のやつ。本読んでてはじめて次の展開がなんとなくわかって読みたくなくて一回閉じてしまった。小説読むときどうしても主人公が成功、またはなにかを得て欲しい派の私は2人の叶わない恋が悲しくてしょうがなかった。好きな点は2人の会話で、イラクに関する情勢の話、音楽の話をしている。本当によく調べてあるなぁと感心するくらいに。

 

他に読んだ本。

松尾スズキ「東京の夫婦」

松尾スズキ「業音」

恩田陸チョコレートコスモス

村田沙耶香コンビニ人間

又吉直樹「花火」

若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞野良犬」

ヨッピー「明日クビになっても大丈夫」