野菜を摂りたい

自分の趣味について書きます

GW

〇新潮第百十五巻第五号 村田沙耶香『地球星人』

 

村田さんの作品は『コンビニ人間』から2つめ。安易な言葉でいってしまうと世にも奇妙な物語のようないい意味で後味が残るような作品を書くイメージでその中に村田さんの伝えたいことが散りばめられてるという感じ。

ただ今回の『地球星人』は後味も悪く村田さんはいったい何が見えているのかと戸惑うことしかできなかった。この世界を工場と揶揄し人間のことを工場の一部とし精巣や子宮を道具と認識する、主人公の奈月は小さいころからそれを感じていたところから始まる。そして最後の4ページは目も当てられない展開になる。『コンビニ人間』を読んだことある人はぜひ買って読んでみてください。

f:id:rrrrebjjmttp:20180507174139j:image

 

〇早瀬耕『未必のマクベス

   『グリフォンズ・ガーデン』

   『プラネタリウムの外側』

 

たまたま書店で見つけた『未必のマクベス』。マクベスの戯曲の内容は知っていた。 「未必」という単語は初めて見て、「未必の故意」という刑法用語で主に使われ意味は

 

確定的に犯罪を行おうとするのではないが、結果的に犯罪行為になってもかまわないと思って犯行に及ぶ際の容疑者の心理状態。殺人事件の場合、明確な殺意がなくても、相手が死ぬ危険性を認識していれば、故意として殺人罪が適用される。 (朝日新聞掲載「キーワード」)

 
つまりそうなることを期待していたわけではないが、そうなってもかまわないという態度のこと。主人公の中井は澳門の娼婦から「あなたは王として旅を続けなければならない」と言われ徐々に自分がマクベスの戯曲の通りに友人をなくし彼女をなくしていくがその一連の流れが非常に美しい。

f:id:rrrrebjjmttp:20180507174210j:image

 

〇月刊「根本宗子」『紛れもなく、私が真ん中の日』

 

400人の女性のみオーディションの中から選ばれた21人の女性で公演すると謳われた今回のねもしゅーですが、ある意味でいつものねもしゅーで楽しめました。今回僕が行った公演が主人公格の山中志歩さんが体調不良で代役として演出の根本宗子が務めるというものだったので、いつものねもしゅーの早口の叫びを聞けて根本演出といういつもと変わらない感じになった感は否めない。山中志歩さんが出演してて21人の女性のものも見たいけど遠いしお金もないので流します。舞台を終わりまで公演していくのは当たり前かもしれないけど様々な人の努力があってこその千秋楽まで無事に終わるということを改めて認識しました。今週の日曜まで怪我や体調を崩さずに終わることを願っています。

ここからはネタバレになりますが、大人Verの5人の女優さん全員良かった。安川まりさん、李そじんさん、椙山さと美さん、優美早紀さん、増澤璃凛子さんですね。(パンフレット見返しました。笑)すげーおじさんみたいなコメントしてた。僕まだ21歳だ。

21人、全員を引き立たせなおかつキレイに収縮してさらにそこから次の公演に呼ぶ人を決めるという根本宗子の貪欲さが出てて僕は好きでした。劇団を建て同じ人でやっていくとこれは面白かった、これはつまらなかった、これはこれと似ていた、とそれを否定するわけではないけどどうしてもつまってしまう。多分それを根本宗子は嫌っていると思うからこの月刊「根本宗子」という劇団にはひとりだけでいい気がします。

f:id:rrrrebjjmttp:20180507174558j:image

 

〇『レディプレイヤーワン』

 

普段、そんなに映画は見に行かないし借りないんだけど面白そうなので行ってみた。結果は自分の中でNo.1を争うくらいとてもおもしろかった。物語のあらすじは時代が進んだ2045年、人々は現実世界ではなくVR世界『OASIS』に重きをおくようなった。開発者のハイデーが死ぬ前にこの『OASIS』に3つの鍵を残し、それを見つけ試練を攻略したものには『OASIS』のすべての権利と株を譲る、とワンピースを彷彿とさせる始まりだった。そして主人公のウェイドはその試練の攻略をしようとしている。という感じ。

現実世界とVR世界との対比が皮肉を交え表現されていて、でも最後はリアル(現実)が大事だよと終着させるところまでの流れが完璧でした。おススメです。

 

私立恵比寿中学 SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)

2018年5月6日(日) open 16:00 / start 17:00 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

 

エビ中のライブは3月のエビマニ以来だけどツアーというか20曲以上やるライブには去年の春ツアーぶりに行きました。結果はとてもよかった。それは久しぶりに行ったからか、セトリが良かったからか、席の位置が良かったからか、要因は多くあると思う。まずセトリの方では、ライブで初めて聴く曲が多くそれらがよかった。HOT UP!、でかどんでん、シンガロン・シンガソン、靴紐とファンファーレ、YELL、響の6曲で、シンガロン・シンガソンのサビでみんなで踊るところは会場のみながひとつになるような感覚だった。そして先行視聴何度聞いたかわからない椎名林檎トリビュートのエビ中Ver.「自由へ道連れ」も感動。やるの予想して原曲を聞いておいてラッキー。ラスサビ前のひなた「みちずれしちゃうぞ」というセリフね。僕もみちずれにされたいです。

f:id:rrrrebjjmttp:20180507174632j:image

 

Kinki kidsのブンブブーン

 

5日(土)のお昼にやっていたんですが録画で見ました。あーりんかわいくなりすぎ。Kinkiとももクロのコンビいい感じですね。堂本剛さんもももクロに桃色空という名曲を与えてくれた人でこのいい関係をずっと見ていたいです。

Z伝説~ファンファーレは止まらない~、クローバーとダイアモンド、怪盗少女-ZZver-の3曲が10周年アルバムに収録されることが決まりました。ブルー「あっ」グリーン「あっ」という感じになるんですかね?あとクローバーとダイアモンドと題名を聞いたときに思ったんですがダイアモンドって6を表していませんでしたっけ?だからクローバーから連想されるのは4つ葉のクローバーで、ダイアモンドからは6で、6人、5人時代の意思は4人に脈々と繋がって今のももクロがある、と思いました。

 

 

 

f:id:rrrrebjjmttp:20180507174702j:image

 

 

友達のいない僕でも割と充実したGWを過ごすことができました。いろんな芸術ありがとう。

無題

 

これまでインターネットと触れてきてここまで他人に自分の文章やまとめたものを見られた経験がないので疲れました。ここ2日間くらいずっと家で閲覧数を確認してはうわぁみたいな感じでニートしてました。

 

f:id:rrrrebjjmttp:20180425204811j:image

 

トゥギャッターの方が今のところ23000viewでもう僕の中でよくわからない数字になっています。ブログも、僕は演劇をよく見るのでちまちま感想書いたりももクロエビ中のこと書いたりしていたんですが閲覧結構増えててなんだか緊張してます。前回のブログは勢いのまま書きすぎました。推敲せずに思ったことガガガっと書いてパッと公開にしていたため読み返してみると、非常に読みずらい文章で申し訳ないです。

 

ただ春一の曲の既視感があるという感想は変わらないです。それが僕が最近ももクロの曲自体に飽きているのか、青春ツアーに参戦しているからか、AMARANTHUSのアルバムが好きだからか、スタンディングでよく見えなかったからなのか理由が何個重なってそう思いました。

あとコメントで来ていたんですが確かにももクロももクロらしく歳を重ねるということは間違いないと思います。僕の年齢は21歳であーりんの1学年下に当たり、あと1年たたないうちに就活が始まります。これも僕が仕事を始めれば彼女たちの気持ちもわかるんでしょうか。仕事の時とプライベートの時で気持ちを切り替えれるようになるようなものなんでしょうか。

 

 

f:id:rrrrebjjmttp:20180425204724j:image

 

 

P.S. Splatoon2のVer3.0.0の大きめのアップデートが来ました。バレルとバケ凸とプレッサーとイカ忍の時代が終わりを迎え、様々な武器が流行る予感がします。11時から2時間ほどウデマエXでガチヤグラやったんですけど10戦やって2262で推定119位でした。アップデート直後は119位でした。今は1450位に落ちていました。笑 任天堂本当に良い企業だとゲームを通して感じます。もうすぐSplatoon2発売1年経つんですがここでレート制を入れることでまだ飽きさせない。僕はウデマエXですがそんなにガチではやらず暇つぶし程度にやるユーザーもこまめなアップデートにより面白いと感じるゲームです。

 

ももクロ春の一大事2018in東近江市

 

f:id:rrrrebjjmttp:20180423122141j:image

 

ももクロ春の一大事2018in東近江市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜 』DAY1&2

両日参戦してきました。1日目はスタンディング、2日目は着席指定席で観ました。2日目で目の前のお立ち台にれにちゃん、夏菜子ちゃんが来て歌ったときはしびれましたね。超かわいくて華奢で改めてビックリしました。今回のライブは去年の埼玉県富士見市から滋賀県東近江市へバトンが渡されて開催されたもので、地方へ行ってももクロとモノノフでその地を盛り上げようという感じです。改めてももクロ×地方公共団体の強さを再認識しました。ももクロ4人は合間を縫って東近江市に出向き市の職員や子供たちと触れて心を開かせ、モノノフはその地でご飯を食べたり聖地へ行ったり泊まったりしてお金をちゃんと落としつつライブに行く。ももクロとモノノフだからこそできると僕も思います。(「も」とつけたのはこのことは皆の共通認識だと思っているからです)加えて正直このような田舎にライブをやることはほかのアーティストじゃまれでこのライブをやること、お客さんをはけさせることのノウハウはこの運営にしかないと思います。モノノフと東近江市が互いに思いあってスムーズな入場、退場だったと思います。ももクロがテレビ出演じゃなくてライブを資本としここからファンを獲得していく手段として最良の判断だと思います。これら以上から春の一大事はある意味一番ももクロらしいライブだと思われます。そして一番良かったのはもちろん桃色空。堂本剛さん本当にありがとうございます。僕はももかVerの方が正直好きなんですが玉井さんの場合も奪い取ったみたいな感じで好きです。2人がセンターステージで歌いながらステップ踏んで交差するところ好きすぎる。氣志團万博の時の桃色空と並ぶかそれ以上に良かったです。

f:id:rrrrebjjmttp:20180423205045j:image

 

 

 

 

ここからは指摘と愚痴です。嫌な人はブラウザバックしてください。

 

 

 

セトリを見ると『笑一笑』『吼えろ』『チントンシャン!』『GET Z  GO!!!!』の4曲のライブ初披露曲以外バレイベor青春ツアーでやったものだとわかります。ここから考えられる良い点と悪い点をまとめます。

良・新規の方々、柵の外から見てた東近江市民の方々、ファミリー層とその子供たちが知っている曲をやることによってハマる確率を上げる。

良・青春ツアーに行っていないモノノフ、ニコ生民のためのわかりやすいセットリスト

悪・移動の時でも5Dやアマランサス、白金の曲できたんじゃない?

悪・青春ツアー曲の使いまわし→今後の青春ツアーもセトリ変わらないんでしょ?新規        獲得にはもちろんいいと思いますが現存する20代、30代のファンは?

 

セトリの観点からみて僕は非常に物足りなさを感じました。今熱心なモノノフは青春ツアー一回でも行ったことある人多いと思います。その点から今回のライブは既視感があり新曲やるのは良いですがコールできないし歌えないしで微妙でした。でもTwitterを見るとほめているツイートが多いため同調するしかない、物足りないなんて言えないと思いました。まあそれらを抜きにもちろんももクロは好きだし東近江市に少しでも貢献していると思えば行ってよかったなと思います。だから今こそちょっと物足りないと思った皆様、あーよっしゃももクロ問題解決しましょう。僕の案ではれに、かなこ、しおり、あーりん、あーももいろクローバーを推します。皆様のご意見お待ちしております。

f:id:rrrrebjjmttp:20180423205130j:image

 

これらより僕は10周年東京ドーム公演に非常に期待しています。1日目は120曲聴かせますというテーマ、2日目はTD4の覚悟というテーマです。1日目は2日目しか来ないファン来いよ!という思いと新規でも大丈夫だよという感じですね。2日目はファンクラブ会員しかいない。ファンクラブ会員が5万5千人東京ドームに集まるということで僕は相当期待していますよ。5人でしかできなかった杏果曲、Z伝説、モノクロデッサンなどなど、やるのを待っています。10周年のプレッシャー相当あると思います、仕事ある程度抑えていいんであと1か月頑張ってほしいです。

f:id:rrrrebjjmttp:20180423205152j:image

4/21のMUSIC FAIR見ました。怪盗少女ZZver、笑一笑を歌っていましたが声も出てるしダンスもキレキレ過ぎません?これもうちょっと春一でだせたよね?若干こなしてる感今思えばあった気がします。そして4人の歌はみんなで歌うところ、ダンスがないところ、夏菜子パートは安定していると思いますがそれ以外と杏果パートがまあまあひどい。思えば杏果パートは落ちサビ前、伸ばすところが多いのでそれをほかの4人がやるとちょっとひどい。逆を返せばそれだけまだももクロに伸びしろがあるということで前向きに考えます。

あと最近思うのは、有安杏果ももクロを演じるのが疲れたんだなぁと改めて思います。彼女が何日先、何年先のスケジュールが埋まっているか疲れるというのは重々わかります。今回も夏S、夏の単独、来年の春の一大事も発表されました。ライブがあるということは最低でもそこまでももクロが存続するということがわかり僕らはそれに就いていくだけです。れにちゃんがInstagramを始めて私生活がちょっと見え、まあまあイケイケでしたね。いっそのこと出さない夏菜子としおりん、あーりんの優しさを感じました。まあ分人という考えは平野啓一郎さんが提唱されましたがそれに基づくとももクロにいる自分とそのほかの自分はもちろん違っていいと思いますが杏果はクソ真面目だからそれが疲れちゃったんでしょうと今回のライブや最近のももクロを見てて感じました。平均年齢が30歳になったらこのキャラは続けていけないと思うしどこかでイメージを転換していかないと大変な気がしています。

 

以上長々と書きましたが僕はももクロが好きだからいろんなことを考えてしまうということです。

トゥギャッターが地味に閲覧数増えてます。笑

一回試しに読んでみてください。

 

次回のももクロは5/22,23の10周年東京ドーム公演です。

 

f:id:rrrrebjjmttp:20180423205209j:image

 

 

 

 

城山羊の会『自己紹介読本』とその他

f:id:rrrrebjjmttp:20180419100554j:image

シアタートラムへ昨日の19時半の回に当日券で行ってきました。なぜかというとやはりテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行さんがInstagramで発信していたのでこれは行かなあかん。ということで行ってきました。佐久間さんはtwitterよりInstagramの方が少し情報が早いんですよね。笑

 

まず前提として城山羊の会は初めてです。見てないんですが元SMAPの3人を起用した2週間限定の映画の1つの物語を城山羊の会の作演をした山内ケンジさんでそこに根本宗子を使った、ということは知ってます。ねもしゅーのラジオで香取さんの神対応話の中で語られていました。

 

感想としてはハイバイのヒッキーと玉田企画のあの日々の話を足して2で割った感じ。笑  ヒッキーほど深刻ではないけどヌルッと始まってあの日々の話ほど物語は進まない感じ。やばい見てる人しかこれわかんない例えでダメだな。

淡々と物語は進み人と人が徐々に交差して行き最終的にはシュールに終わる。これしか言えない。でもとてもおもしろかった。95分、ずっと誰かと誰かが喋ってそれを他の人が話を挟んでまた他の人と話し始めそしたらなんかみんな繋がってたという。

 

 

 

辻村深月『かがみの弧城』

読みました。本屋大賞2018を取ってたのでミーハーなもんで買いました。映画ツナグ、舞台スロウハイツの神様辻村深月作品とは触れてきました。感想としては若干ラノベっぽい。

現実とファンタジーと時間を交差させてあるひきこもりの女子中学生が一歩を踏み出すという物語で、主人公の安西こころは同じクラスの子にいじめられて不登校になってしまう。引きこもり始めて1ヶ月くらい経つと自分の部屋の鏡が光り始めた。手で触れてみると異世界に繋がってるようで行ってみると大きな城があった。そこには自分の他に6人の同じような年の子が集められ、願いの部屋を見つけ鍵を発見したものに1つ願いを叶えてやると、狼の仮面を被った少女は言う。

全て綺麗に収縮するんですよ。スロウハイツの神様キャラメルボックスがやってたんで見たんですが全部言いすぎた逆につまんない的な感じ。本を読んでも同じ印象でおもしろかったんだけどスッと終わってしまい余韻がない感じがする。

ただひきこもりの子というのはあるきっかけで家にひきこもるようになって不安や悩みを抱え外に出ようにも出れない状況が続くんだなぁという描写はとても伝わりました。外に出るにも同じ中学の子に会わないか、とかコンビニの光が眩しいとか普通に生きている人にとって些細なことが気になるようになるのだと。

本屋大賞2018の1位なので是非買ってみてください。流行りの文化にはお金という対価を出すのは当たり前のことなので。

 

 

東野圭吾ラプラスの魔女

映画『キングスマン:ゴールデンサークル』

 

最近、大学が始まりリズムができ作品に触れる時間を作れるようになってきてちょっと嬉しいです。今週は土日、ももクロ春の一大事2018へ滋賀県に行ってきます。

 

ナイロン100℃『百年の秘密』

 

初日に観てきました。前回のナイロン『ちょっとまってください』が別役実リスペクト作品で正直よくわからなかったので今回も3時間半?みたいなスタンスで行きました。が、めちゃめちゃ面白かったです。なんなら今んとこ2018年のベスト演劇ですね。つい幕間にパンフレットを買うくらい面白かったです。

“女性の友情”をテーマに綴られる緻密なストーリー構成、過去と未来を自在に行き来する俳優陣の圧巻の演技力は、皆様を深い追憶の旅にお連れすることでしょう。(公式サイト引用)

ナイロンの特徴というかケラさんは最初にプロジェクションマッピングを使う。これがまた良くて舞台に入り込める要素になっていると思う。また舞台も外にいるのか中にいるのか曖昧になっており判断するには役者がどのように動いているかを観るしかない。

 

百年の秘密ということで秘密というか隠し事に関わる話で、誰にでも隠し事はありそれを抱えながら人と接する。それを時代を飛ばしながら矛盾を抱えないで物語は進んでいく。この話の良いところは無駄なところがないということ。ある日の日常を描いて、大事な出来事はパッとナレーションで済ます。これがこの物語をパキッっと締めている印象を得た。

 

4月中は本多でやっているからこれは本当に観るべき作品だと思います。

 

 

4/5ONE OK ROCKのJAPAN DOME TOURの東京ドーム公演に行ってきました。Mr.Childrenももクロとは違うロックバンドで、疲れるんですよね。ミスチルはどちらかといえば桜井さん一強で他のメンバーは極力目立たないようにしているイメージで、ももクロはライブの3時間がずっとエンターテイメント、現実に戻る瞬間が少ないという感じです。ワンオクは4人が全員目立つんですよね。いわゆる幕間でインストがありTaka以外の3人が5分以上たっぷりギターやドラムを弾きます。

このAmbitionsというアルバムはけっこう洋楽に傾倒していて叩かれていたんですが僕はワンオクの目指す世界で売れることの足掛けだと思うんですよね。実際カッコいいし批判している人はLiveに来てみればいいんじゃないですかね。

 

お花見とキューバについて

 

1月、2月の寒さとはうって変わってとても暖かくなってきました。

北沢緑道の桜は満開でキレイでした。 

フィルムカメラ加工で撮る写真にハマっててこれ割とよくないですか?笑

右下の日付がまた何とも言えない感じを出している気がします。

f:id:rrrrebjjmttp:20180328145430j:image

桜をみると春になったなと思います。昔は桜なんてどうでもいいと思ったけど年を取ると寒さに弱くなり早く暖かくなれと思い桜を見てあーキレイと感じるのかもしれません。平安時代の人々が桜を見て一句詠んでみたくなる気持ちもだんだんと分かってきました。中高生の時は一ミリもわからなかったのにね。

 

 

3月はピンとくる舞台が少なく、ロロとゆうめいしか行かないという状況になってしまいました。加えてせっかくの春休みなのにバイトとゲームに費やしてしまい少し後悔しています。楽しかったから仕方ないね。

4月で21歳になります。19歳から20歳になるのと、20歳から21歳になるのには少し意味合いが違う気がしててなんだかとても老けるような感覚におちいります。人生も一回しかないしその中の学生生活も一回しかないと思うとあと2年がすごい短く感じる。あとの2年は就活やらですぐ過ぎていくんだなぁと思うとちょっと寂しいですけど。

 

 

唐突なんですがだからといってはなんなんだけど今キューバに行きてぇ。なぜかというと長くなりますが。

まずきっかけはオードリーの若林正恭が書いた『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』というエッセイを読んだからです。若林がキューバに行ってその記録をエッセイにまとめたこの本は日本の広告だらけの風景に飽き飽きした彼は50年近く鎖国のような体制をとってきたいわゆる原風景のような景色を求めキューバに向かい様々なことを思うという感じです。これでまず単純にキューバに興味を持った。この本を知るきっかけになったのはもちろん佐久間さんでとても感謝しています。

そしてもうひとつのきっかけはTRANSIT39『今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園へ』という講談社から発売されている旅行雑誌です。下北のビレヴァンを友人とぶらぶらしてたら目に入りました。この本は3月16日に発売されていて結構最近に出版されたもので、めっちゃ面白かったです。キューバの現状、過去のことがすっきりと書かれていて正直キューバ革命ゲバラカストロのことがうまく知らなかったんだけど簡潔にまとめてありました。

このふたつのことをきっかけに僕がキューバに行きたい理由をまとめます。

キューバは世界有数の社会主義国で、1959キューバ革命以来この体制を採っています。アメリカと癒着していた前政権のバティスタをうちたおしたゲバラカストロ兄弟は国を立て直す際にアメリカには頼れなかった、そうするとソ連に頼るしかなく社会主義国になった。時代を飛ばして2015年、カストロ兄弟の弟のラウルとアメリカの当時の大統領のオバマが会談しキューバとアメリカの国交を回復させた。そのラウルが2018年4月に議長を降りいわゆるキューバ革命非体験世代が新たにトップに立つ。ということはキューバに徐々に資本主義が流れてくる。この広告の一切ない国にマクドナルドやスタバの看板がデカデカと飾られるようになるということだ。その前にキューバに行かないでどこへ海外へ行くというのが理由です。

大学3年になり割とお金にも時間にも余裕ができてきたのでいってきちゃおうかな?って感じですね。

なにか情報があったら教えてほしいです。僕もこれからキューバ革命について本を漁ろうかなと思っているので。身近にキューバに詳しい人がいたら紹介してください、Twitterの本アカウント教えるので。笑

 

あぁなんとも典型的な大学生のようなことを思ってしまっている自分がいる。でもこの前友人と海外へ行って意外といけると思ったので今回は一人で行ってみたい。スペイン語一切しゃべれないけど(英語もお察しね)行ける気がする、根拠はもちろんないが。

 

P.S.この前のブログでも言ったけど明日は根本宗子の面談室。根本宗子×川上アキラ。僕が尊敬してやまないお二人の対談はどのような話をし彼らはどのような表情をするのか。楽しみすぎてやばいっす。

ロロいつ高といろいろ

 

2018年3月23日(金)~31日(土)@早稲田小劇場どらま館

ロロいつ高vol.5『いつだって窓際でぼくたち』

 

いつ高シリーズは高校演劇のルールにのっとって上演されている作品。照明や音響操作も上演校の現役生徒又は顧問のみが許可されているので演出の三浦直之さんと演出助手の方が操作していました。

 

ロロの作品は相変わらずエモい。いきなりすごい私的なことを言うと今回4人の男子が窓際に並び花火の音を聞いて花火を想像するシーンがあるんだけど、それがももクロ映画『幕が上がる』の5人で大会前に窓際に並んで月を見上げるシーンとなぜか被ってみえて。なぜかというと有安が抜けて4人になっても同じように彼女らは4人で月や花火を見るのかなあと思ってなんか良かったです。これめちゃめちゃ本編と関係ねぇな。笑

僕の稚拙な文章じゃあ伝わらないのでロロの作品は一度見てみてください。人それぞれ高校時代や何か僕のような他のことを思い出し懐かしくなるような作品です。

あとはテレ東の佐久間さんがいらっしゃいました。やっぱこの1年間で演劇を見てきて徐々に感覚が研ぎ澄まされた感がありちょっとうれしいです。

 

他のこと

昨日のMステのももクロ良かったですね。特に玉井さんがよかった。なぜかというとフリと歌詞を一つずつ間違えてしまったんだけどそれを感じさせない笑顔でミスした後のカバーの意識が高く改めて尊敬しました。新曲の『笑一笑』なんか聞いてるだけで泣けてきます。泣くような曲じゃないんだけどなんだかすごく良いです。

 

ちょっと書きたいこといっぱいあるんだけどまとまらないのやめます。

根本宗子の面談室行きます。川上アキラ回めちゃ楽しみ。