野菜を摂りたい

自分の趣味について書きます

いろいろ(ももクロ、演劇)

お久しぶりです。

なんか考えることが多すぎてうまく文字にできないなぁと思ってたらもう2月になってました。

まずは有安さんのことを書きましょうか。

なんか行った後にレポ的なものとか、セトリまとめようかな、とか思ってたんですけどつまんないと思ってやめました。Twitterでも様々な意見が交わされていたんですが、みんな文章がうまい。嫉妬する。どんな形であれももクロが好きな気持ち(好きまではいかなくても興味がある)をあのようにうまく表現するのは羨ましいですね。

僕なりにあのライブへ行って思ったことを書きます。

まず有安杏果さん、22年の芸能生活、8年のももクロお疲れ様です。まず最初に「普通の女の子に戻りたい」と聞いたとき、戸惑いと怒りと不安と理解しようとする気持ちがあふれどうしようもなくなりました。あの1週間、いや6日間はとても長かった記憶があります。卒業ライブで有安さんは憎いほど笑顔でした。まるでなにかから解き放たれたように。僕はももかなこ推しでそのほか3人は自分の中で同列で推してたんですが、普段はひょうひょうとしてる玉井さんを見て泣きましたね。むしろ玉井さんが一番泣いてたんじゃないかってくらい泣いてたような気がします。ていうかほかの4人が泣いてるのに終始、笑顔の杏果を見てたら送り出す以外なくないですか?僕も大学に上京してきてからももクロの現場によく行くようになって徐々に杏果も夏菜子ちゃんと同じくらい好きになって初回と最後のソロコンも行って。杏果には思い入れもありましたがあの笑顔を見たら何も言えなくなりました。ただお疲れ様としか。

そして杏果がステージから下がっていきます。(あのなんか有無も言わせない感じすごかったですよね。)そこで南ピー登場。救われました。10周年東京ドーム公演発表。やっぱりももクロ一生推せます。僕の中で玉井さんの株が急上昇中で夏菜子ちゃんの少し下あたりに位置しました。

このシナリオ考えた?kwkm、宮本純之介はすごいと思いましたね。10周年超えてから杏果が卒業すると世間的にはももクロ完全に終わったと思われるからこの短いタイミングで卒業ライブを敢行したのかなって思いました。朝のニュースでも杏果の卒業といういわゆるマイナスイメージを、最後の10周年東京ドーム公演が控えるというプラス、上にもっていくというのは僕たちもももクロも救われる気がします。

今後も新生ももクロ4人を推していきます。4月の春一両日、5月の東京ドーム公演必ず行きます。

 

 話変わりまして。

 

1月は結構舞台観たんですがロロ以来更新しなかったのでなんだかもったいない気分です。根本宗子のバー公演を2回、ロロ、秘密の花園、玉田企画、ロ字ック、柿喰う客の計7本見ました。そのほかにも有安杏果卒業ライブ、東京オペラシティに行ったり、北斎ジャポニスム展へ行ったり書きたいことはたくさんあるけど、行き過ぎると自分の中で消化するのも大変だということがわかりました。なんか行って感じたことをすこしでもメモしておけば後から書きやすいのかなと思いました。1月で見たものはどれも面白かったです。秘密の花園は水を使いすぎててすごかったです。本多劇場での杮落とし公演も唐十郎秘密の花園で本多も関係しているのかとうれしくなりました。玉田企画はあのオールのカラオケの気まずさを意図的に出せるのかと。ロ字ックは本多劇場が初めてなのでやる気がすごかったです。多少ファンタジーが過ぎるかなと思いましたが最後、主人公の二人がくっつかずに救われるというのはよかったと思いました。柿喰う客は初めて見たんですが、オンとオフの落差で笑わせるのがうまいのと伝えたいメッセージがハッキリしていて面白かったです。

 

 

夏のバカ騒ぎのBlu-ray買ったので見ながら聞きながら書いてます。アイドルとスポーツの融合がテーマでこの公演ほんと好きだったんですよね。すべてがきれい。これ見てると杏果の卒業がいまいちピンと来なくなってしまうんですがね。桃色空のももかなこ見てると泣きたくなります。この二人の関係性はとっても好きです。